事故車と呼ばれている車は文字通り

中古自動車売却に関して言えば、必要書類の中に車庫証

事故車と呼ばれている車は文字通り事故に遭遇した車のことです。

適切に補修されていれば事故車がどの車か普通の人にはほとんどわかりません。

事故車かどうかを考慮しない方なら関係がない問題ですが、どうしても気になるという人は中古車を購入する時にはよく調べることが不可欠です。

ごく一般的に事故車とは、事故などで破損した車全般を言いますが、これは中古車査定で使われる場合とは異なります。

中古車査定の定義の場合だと、交通事故などを起こした事により自動車の骨格部分を修理で交換しているか、修繕したものを事故車と言うのです。

中古車の買取業者に査定を依頼する際には、車検証、及び、自動車納税証明書を準備する必要があります。

また、車の外側はもちろん、内側もよく見直すといいでしょう。

自力でなんとかできそうな程度の傷はなんとかして、ピカピカにワックスをかけて、車内もしっかり掃除しましょう。

改造を施した車である場合、改造した箇所を可能な限り、元通りにして、純正のパーツにした方がいいでしょう。

タバコのニオイがついていたら、脱臭するなど、車の中のニオイにも気をつけてください。