使用していた車を買取業者に引渡してしまっ

車の査定を受けようとする際、気を付けておきたい

使用していた車を買取業者に引渡してしまったら、次に使う車が手に入るまでの間、車がない期間が長くなることも予想されます。

代車を貸してくれる買取業者も増えています。

査定と同時にあらかじめ話をすると代車の用意も円滑です。

あるいは、代車を貸し出すシステムのあるディーラーが増えてきていますから、ディーラーにも事情を話してみてください。

ネットの車査定サイトで査定の申し込みをすると、業者から営業電話がどんどんかかってくる場合があり、しかしこれも、車査定サイトの成り立ち上、致し方がない部分もありますので、そういうものだと割り切っておくべきかもしれません。

対応の仕方としては、はっきりきっぱりと断りをいれることで、そうすると、あきらめてくれる業者が殆どでしょうし、それでもかかってくるなら、着信拒否ということにすると、対応次第で如何様にもなるかもしれません。

それでも「とにかく営業電話は困る」というのであれば、住所や電話番号を打ち込まなくても査定の金額を提示してくれるサイトを利用して申し込みをしてみるのもおすすめです。

車の査定はしてもらいたいけど、個人情報を教えるのは嫌だという人も多いでしょう。

しかし、匿名で車の査定を行うというのは不可能といえます。

メール査定であれば出来るのではないかと思うでしょうが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、匿名でということはできません。

車を査定する時は、必ず個人情報を相手に開示する必要があります。